「がんばろう東北 がんばろうみんな」プロジェクトはこちらから。
WirusWin(ウイルズウィン)は「がんばろう東北 がんばろうみんな」プロジェクトに賛同しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

WirusWin Race Report:ウイルズウィンのレース活動の様子を写真を交えたレポートでご紹介。

こちらのコーナーではモト・チャンプ杯ミニバイクレースのFP4クラスに、シグナスXおよびアドレスV125で参戦し、上位を目指し活動していく流れを報告していきます。
また、鈴鹿ミニモト、鈴鹿ツインサーキット、モト・チャンプ杯ミニバイクで開催されている、エイプ100、XR100モタードで競うSTクラスにも、エイプ100にオリジナルマフラーを開発、装着して参戦。
今後、このレポートをきっかけにレースに興味を持って頂き、参戦してくれる仲間が増えてミニバイクレースが盛り上がればと願います。

一人では心細い方、まったく分からない方、ウイルズウィンが協力させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

No.042:岡山国際サーキットミニバイク3時間耐久!

岡山国際サーキットミニバイク3時間耐久01 岡山国際サーキットミニバイク3時間耐久02 岡山国際サーキットミニバイク3時間耐久03
岡山国際サーキットミニバイク3時間耐久04 岡山国際サーキットミニバイク3時間耐久05 岡山国際サーキットミニバイク3時間耐久06
岡山国際サーキットミニバイク3時間耐久07 岡山国際サーキットミニバイク3時間耐久08

12月5日、岡山国際サーキットで開催されたミニバイク3時間耐久に出場しました。

ゼッケン59号車、巽/兵頭/南本チームはエイプ100、ゼッケン57号車、WirusWin社長野澤氏/イケメンライダー長谷部/岩永チームはXR100の2チームで参戦しました。

予選は朝1発目と気温が低いと言うこともあって練習時ほどタイムは出ませんでしたが、南本選手、野澤社長が走行して南本選手が2'16.884と好タイムを記録し見事1位ポールポジション獲得!WirusWin社長野澤氏は2'20.885で6位でした。

決勝のスタートライダーは予選ライダーと違って、ゼッケン59号車は巽選手、ゼッケン57号車はイケメンライダー長谷部選手で、午後1時半決勝スタート!
ゼッケン59号車巽選手はスタート出遅れましたがセカンドグループで走行。次第にトップに追いつきゼッケン57号車イケメンライダー長谷部選手とともに約10台ほどでのトップ争いを展開します。
最初の予定では1時間交代でしたが、トップ争いが集団でばらけないため予定を変更して15分延長して第2ライダーに交代。ゼッケン59号車は兵頭選手、ゼッケン57号車はWirusWin社長野澤氏です。
両者ともトラブル無く順調に走りきり、ゼッケン59号車は4位、ゼッケン57号車は2位走行で第3ライダーに交代。ゼッケン59号車は南本選手、ゼッケン57号車は岩永選手です。
ゼッケン59号車はこの時点で5位を走行でしたが、上位を走るチームがペナルティや転倒などでどんどん順位があがり結果的に2位表彰台を獲得しました!
ゼッケン57号車は岩永選手が痛恨のコースアウトをして6位という結果でした。

次のレポート 次のレポート  |  前のレポート 前のレポート