「がんばろう東北 がんばろうみんな」プロジェクトはこちらから。
WirusWin(ウイルズウィン)は「がんばろう東北 がんばろうみんな」プロジェクトに賛同しています。

Wirus Winフェイスブックページはこちらから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

WirusWin Race Report:ウイルズウィンのレース活動の様子を写真を交えたレポートでご紹介。

こちらのコーナーではモト・チャンプ杯ミニバイクレースのFP4クラスに、シグナスXおよびアドレスV125で参戦し、上位を目指し活動していく流れを報告していきます。
今後、このレポートをきっかけにレースに興味を持って頂き、参戦してくれる仲間が増えてミニバイクレースが盛り上がればと願います。

一人では心細い方、まったく分からない方、ウイルズウィンが協力させて頂きます。

No.006:マジェスティ125でもサーキット走行してみよう!
マジェスティ125でもサーキット走行してみよう!

5月27日。猪名川サーキットにて、黒と白のアドレスV125を持ち込んで走行テストしました。
そして、今回は、な、な、なんと!マジェスティ125もサーキット走行テストしました!

ウイルズウィンではマジェスティ125用のマフラー、カスタムパーツ も多数取り揃えているので、マジェスティ125をサーキットで走らせるといったいどれぐらいのポテンシャルがあるのか?!を検証するために走らせました。

画像はサーキット走行に向けて準備中のマジェスティ125です。今回のサーキット走行テストに向けて制作したレース用試作マフラーを装着しています。
(市販は未定ですが、抜群に速いです!)

★マメ情報!
このマジェスティ125の制作者兼ライダーは、リア回りから顔を覗かせるイツクマンです。このバイクのオーナーで、毎日通勤で使用しながらテストを繰り返すという、マジェスティ125をこよなく愛す男です!

アドレスV125同士のバトル!

アドレスV125同士のバトル!逃げる白V125、追う黒V125!
同じ車種同士で競いながら走行し、速い方にセッティングを合わせながら双方の車両を速くしています。

アドレスV125とマジェスティ125の対決!

アドレスV125とマジェスティ125の対決!
軍配はライダーの差でマジェスティ125の勝利!意外にバンク角もありヒザを擦りながら走れます。
マジェスティ125の秘めたる可能性が開拓された瞬間です!

No.007:アドレスV125、シグナスXレース車両完成!
レース用に仕上げたアドレスV125

6月10日。名阪スポーツランドで開催されるモト・チャンプ杯ミニバイクレース関西シリーズ第4戦にアドレスV125出場決定!
まだまだ強豪と戦うまでの仕上がりにはほど遠い状態ですが、とりあえず参加して楽しめればいいかと言う事で初参戦する事にしました。

急遽レース用に仕上げたアドレスV125です。
塗装はあの「M-DESIGN(エム デザイン)」で有名な堀川剛史氏です。スクーターレースの経験も豊富で、アドレスV125のライダーも引き受けてくれました。

★マメ情報!
堀川選手はイケメンライダー長谷部選手から『いい奴がいる』と紹介してもらいました。
塗装は超一流!バイクに乗っても速い!なんと言っても、すげーイイ奴なんです!

シグナスXもさらにパワーアップ!

シグナスXもさらにパワーアップ!
外装に施されたステッカーは、アドレスV125、シグナスXともにウイルズウィンのデザイン担当「Azzurro Design Office(アズーロ デザイン オフィス)」のポンジ氏が制作してくれました。

★マメ情報!
ポンジ氏はウイルズウィン社長野澤氏の高校生時代からの旧友であり、ウイルズウィン誕生以来、ホームページ、広告制作、コンピューター、デザイン関係すべてを取り仕切ってくれています。
ポンジ氏のホームページは こちら

後は、レース日を待つのみです!

No.008:奇跡!プロジェクト開始から3ヶ月にして早くも初優勝!
表彰台にて手厚い祝福を受けるイケメンライダー長谷部選手。

6月10日。名阪スポーツランドで開催されたモト・チャンプ杯ミニバイクレース関西シリーズ第4戦速報!
奇跡!プロジェクト開始から3ヶ月にして早くも念願の初優勝!イケメンライダー長谷部選手、並み居る強豪を相手に偉業を達成です!

表彰台にて手厚い祝福を受けるイケメンライダー長谷部選手。

キャンギャルからの優勝トロフイー贈呈!

キャンギャルからの優勝トロフイー贈呈!

誇らしげに、どや!顔なイケメンライダー長谷部選手。

誇らしげに、どや!顔なイケメンライダー長谷部選手。

詳しくは、次回レポートでご報告いたします。乞うご期待!

〜次回のレポートに続く〜

次のレポート 次のレポート  |  前のレポート 前のレポート