「がんばろう東北 がんばろうみんな」プロジェクトはこちらから。
WirusWin(ウイルズウィン)は「がんばろう東北 がんばろうみんな」プロジェクトに賛同しています。

Wirus Winフェイスブックページはこちらから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

WirusWin Race Report:ウイルズウィンのレース活動の様子を写真を交えたレポートでご紹介。

こちらのコーナーではモト・チャンプ杯ミニバイクレースのFP4クラスに、シグナスXおよびアドレスV125で参戦し、上位を目指し活動していく流れを報告していきます。
また、鈴鹿ミニモト、鈴鹿ツインサーキット、モト・チャンプ杯ミニバイクで開催されている、エイプ100、XR100モタードで競うSTクラスにも、エイプ100にオリジナルマフラーを開発、装着して参戦。
今後、このレポートをきっかけにレースに興味を持って頂き、参戦してくれる仲間が増えてミニバイクレースが盛り上がればと願います。

一人では心細い方、まったく分からない方、ウイルズウィンが協力させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

No.037:OKAYAMA ミニバイク90分耐久!

WirusWin:ape100+XR100 モタード WirusWin:兵頭選手+とりおギャラクシー選手 WirusWin:兵頭選手+とりおギャラクシー選手
WirusWin:兵頭選手+SOU選手 WirusWin:ツヨシ選手+とりおギャラクシー選手 WirusWin:見事!2位表彰台獲得です!

8月1日、岡山国際サーキットで開催されたミニバイク90分耐久に参戦しました。

今回の出場は、ストッククラスに2台エントリー。
エースチームは兵頭選手、SOU選手(今回助っ人の豪腕ライダー。)
セカンドチームはツヨシ選手、とりおギャラクシー選手(ん?!誰だ?!兵頭選手の弟子らしいです。)

予選は兵頭選手、とりおギャラクシー選手が走行し、エースチームがクラス4位、セカンドチームがクラス8位を獲得しました。

決勝は兵頭選手上手くスタートを決め、トップグループで走行。とりおギャラクシー選手もセカンドグループのトップを快調に走行。
兵頭選手は1時間走行して2位でSOU選手と交代。とりおギャラクシー選手は4位でツヨシ選手と交代しました。

両チームともトラブル無く90分を淡々と走りきり、SOU選手は2位を守りきりゴール!表彰台獲得おめでとう!
ツヨシ選手は3台に抜かれ踏ん張りきれず7位。わずかに入賞圏外で惜しかった!

今回は、鈴鹿ミニモト4耐に向けてのマシン調整を兼ねてのレース。バイクは2台ともとても速く、鈴鹿ミニモトも期待できそうです。

次のレポート 次のレポート  |  前のレポート 前のレポート