「がんばろう東北 がんばろうみんな」プロジェクトはこちらから。
WirusWin(ウイルズウィン)は「がんばろう東北 がんばろうみんな」プロジェクトに賛同しています。

Wirus Winフェイスブックページはこちらから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

WirusWin Race Report:ウイルズウィンのレース活動の様子を写真を交えたレポートでご紹介。

こちらのコーナーではモト・チャンプ杯ミニバイクレースのFP4クラスに、シグナスXおよびアドレスV125で参戦し、上位を目指し活動していく流れを報告していきます。
また、鈴鹿ミニモト、鈴鹿ツインサーキット、モト・チャンプ杯ミニバイクで開催されている、エイプ100、XR100モタードで競うSTクラスにも、エイプ100にオリジナルマフラーを開発、装着して参戦。
今後、このレポートをきっかけにレースに興味を持って頂き、参戦してくれる仲間が増えてミニバイクレースが盛り上がればと願います。

一人では心細い方、まったく分からない方、ウイルズウィンが協力させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

No.016:モト・チャンプ杯ミニバイクレース 関西シリーズ開幕!

いよいよ今年も始まりました。モト・チャンプ杯ミニバイクレース 関西シリーズ。
4月6日第1戦が名阪スポーツランドで開催されました。

今回は毎度お騒がせのイケメンライダー長谷部選手と、急遽出場が決まった兵頭選手でレースに臨みました。
兵頭選手は、今年から新設されたSTクラス、通称ストッククラスにエイプで出場です。
元々は、“NANKAI”鈴鹿Mini-Moto 4時間耐久ロードレースで走るために開発していましたが、「どうせならモト・チャンプ杯も出とこか!」という事で、急遽サーキットでうろうろしていた兵頭選手を捕まえ
WirusWin「ちょっと、乗ってみてや!」
兵頭選手「えーけど」
で決まりました。

兵頭選手

★兵頭選手の紹介
WirusWin社長の野澤氏と古くからのレース仲間で同じ年。SP12クラスと言うミニバイクレースにおいてのトップカテゴリーで常にトップ争いをする超ベテランライダー。
これまでにも数々のタイトルを獲得して多数のメーカーからサポートを受け、若手ライダーからも絶大な信頼を受ける大物です!

兵頭選手

バイクはまだまだ未完成まま、とりあえずと兵頭選手まかせでレース当日を迎えました。

まずはSTクラス予選。
兵頭選手、危なげない走りで4位をキープ。未完成バイクにしては周りと遜色無い走りで、さすがベテランライダーと言った感じ!

兵頭選手

続いてSTクラス決勝。
スタートは遅れる事無く4位をキープし、3台による2位争いが始まるもさすがトップライダー!レース運び、ここぞという所での前車のパッシングが上手い!
気がつけば2位に浮上し、トップを猛追!計算したかのように最終ラップに追いつき、すぐさまインに飛び込み、相手を上手く弾いてそのままフィニッシュ!いきなり優勝!!!スゴイぞ!兵頭選手!

イケメンライダー長谷部選手

FP4クラス予選。
イケメンライダー長谷部選手も危なげない走りで、もはや定位置となりつつある2位を獲得。

イケメンライダー長谷部選手

FP4クラス決勝。
いつものお得意のロケットスタートでホールショットを奪うものの、いつもの展開で2位に後退・・・。なんとかトップに食らいつくもいつものように限界を超えて転倒!
今回はすぐに再スタートができ、なんとか2位をキープのままフィニッシュできました。

イケメンライダー長谷部選手

モト・チャンプ杯ミニバイクレース 関西シリーズ第1戦結果。
STクラス:優勝
FP4クラス:2位

初戦にしてはとても満足できる結果でした。
STクラスの優勝は全く予想していませんでしたが、兵頭選手にしてみれば何となく想定していた結果だったようです。さすがです!与えられた物で最大の結果を残す。まさに仕事人です!
「ちょっと、乗ってみてや!」「えーけど」のみの会話でスタートした今回のレース、多くを語らず結果で語る兵頭選手。漢(おとこ)です!
レース後の会話はと言うと・・・
WirusWin「次も、頼むわ!」
兵頭選手「えーで!」
でした。

FP4クラスも今シーズンの目標は毎レース確実にポイントを穫る事でしたので、2位で高ポイントをゲットできたので良かったです。
今回はたまたま直ぐに復帰でき2位になれましたが、今年もイケメンライダー長谷部選手かなり危険です!芸人魂健在です!
下手するとリタイヤ、入賞圏外もあり得たので、今後も教育が必要そうです。
しかし・・・イケメンライダー長谷部選手、転ぶ事にちょっと「オイシイ」と感じる今日この頃です。

次回第2戦は、5月11日です。またなにか起こりそうです!次回のレポートをお楽しみに!

次のレポート 次のレポート  |  前のレポート 前のレポート