お世話になります。イツクマンです。
成田選手に続き、南本選手のレースレポートです。
南本選手が出場するST600クラスも4月7.8日と全日本ロードレース選手権がツインリンクもてきサーキットで
開幕戦が開催されました。

今年から新型のYAMAHAのYZF-R6でレースに挑みます。
戦闘力もアップして成績アップも期待です。
ゼッケン番号は9です。

ST600クラス予選!
苦手なウエットコンディションに加えまだ発展途上のマシンに困惑!
慎重に走行して23番グリッド!

ST600クラス決勝!
朝のフリー走行で転倒してしまい、不安の残る状態で決勝!
コンディションはドライ!後は追い上げに集中です。

スタートは上手く決まり1周目に6つポジションを上げる事に成功!

序盤、中盤と周りのペースに惑わされ単調な走りとなってしまいましたが、終盤はペースを上げタイムも更新!

ポジションも着々と上げ最後は10位でチェッカー!
何とか、ポイントが獲得できる順位でフィニッシュする事ができました。

今シーズン掲げていた目標とは程遠い結果となってしまいましたが予選順位からの挽回は良かったです。
次戦のSUGOサーキットは南本選手の得意で好きなサーキット!
まだまだチャンピオンシップにおいても挽回できるチャンスはあると思いますので引き続き頑張ってもらいましょう!

それでは、また報告させて頂きます!

お世話になります。イツクマンです。
今年もレースシーズンに入りました。
またレポートアップしていきますのでよろしくお願いします。

4月7日、全日本ロードレース選手権開幕戦がツインリンクもてきサーキットで開催されました。
サポートライダーの成田選手が去年に続き今年もJP250クラスにCBR250RRで出場しましたので紹介させて頂きます。

成田選手、去年までは国内ライセンスでしたが今年から国際ライセンスに昇格して国際ライダーに!
インターライダーとして出場となります。

JP250クラス予選!
もてきサーキットは毎年も雨模様!
今年も予選はハードウエット!ウィークから調子の良い成田選手!
苦手なウエットコンディションですが徐々にタイムを上げトップタイムをマーク!
最後に2位に落ちますが、まずまずの結果で2番グリッド獲得!

決勝前、尾野監督からのアドバイスはいつもの光景!

決勝はハーフウエットコンディション!
ライダーにとって一番面倒なコンディションです。

グリッドに付き、チームのみんなと記念撮影!
いつもたくさんのメンバーがスタッフとしてサポートしてくれています。

JP250クラス決勝!
スタートの上手い成田選手!今回も無難に決めトップで1コーナーに進入!
早々にトップ2台が抜け出す展開になろうとしますが、しかし!!

コーナー進入でトップを譲った瞬間まさかの前車が目の前で転倒!

さすがに回避できる分けも無く絵に描いた様な巻き込まれで前車に乗り上げ2台一緒に転倒する形に!
直ぐに再スタートを試みますがマシンの損傷も激しくそのままリタイヤとなってしまいました。

今年はチャンピオンを目標にレースに挑みましたがまさかの開幕戦からノーポイントスタート!
ウィークから順調にきて十分結果を残せる仕上がりだっただけに残念です。
成田選手、5月には2戦目がありますのですでに切り替えて準備に入っています。

それでは、また報告させて頂きます!

お世話になります。イツクマンです。
12月17日、西日本モトチャンプ杯最終戦と同じ日、マカオで開催されたレースにWirusWinライダー長谷部選手が出場しましたので紹介させて頂きます。

長谷部選手、金曜日のナイター枠の練習に合わせてマカオ入り。
DY社長の劉家昌さんとHAO選手に合流!

去年の優勝のご褒美?それとも今回も期待されているのか?
用意された宿泊施設は高級ホテルの最上階スイート!景色も最高!

プレッシャーを感じながらも慣れないポーズでソファーでゆっくり!
違和感しか無いですね!笑!


































マカオAAMCレースが開催されるサーキット!
去年より建物が増えてサーキットに接近してきています。
来年辺りは本当にマンションの真下で走る事になりそうです。

通常はもう少し暖かいはずですがこの日は以外と寒く気温は10度!
長谷部選手も寒そうです。

予選!
チームメイトはHAO選手は絶好調でトップタイムでポールポジション!
長谷部選手は僅かに遅れて2位!


































フロントサスペンションのセッティングが合わず決勝前の悪足掻きで
ぶっつけセッティングに変更!


































決勝レース1
スタートは無難に決めますが、悩まされていた足回りは改善されないままのレース!
何度か仕掛けますが、トップ争いに加われず3位でチェッカー!
決勝レース2
フロントをリアで抑え込む最終手段のセッティングで挑みます。
最終ラップまでトップ争いをしますが、ネガな部分を残したままではさすがに敵わずコンマ6秒差で
2位でチェッカー!

チームメイトのHAO選手はレース1を2位とレース2を3位で終えました。

表彰式!
今回は総合で2位!HAO選手は3位!
長谷部選手!予選、決勝共に完勝した昨年とは違い今年は最後までサスペンションのセッティングに
悩まされたレースとなりました。

今年も劉家昌さんのお誘いで台湾、マカオとレース参戦する事ができました。
長谷部選手には来年もまたチャンスがあれば是非、チャレンジしてほしいです。

これで今年のレースが全て無事終了しました。
今年も民谷選手の優勝から始まり全国大会ワンツー、全日本優勝とそれなりに手応があった1年でした。
来年も期待に応えれるようがんばります。
たくさんのご協力がありました。心より感謝申し上げます。
またライダーの活躍紹介させて頂きます。
今後とも応援よろしくお願い致します。

お世話になります。イツクマンです。

12月17日、スポーツランド生駒で西日本モトチャンプ杯最終戦が開催されました。
WirusWinライダーの民谷選手、木戸選手が出場しましたので紹介させて頂きます。


































当日はヘルメットメンテナンスで中山、クミティ、私イツクマンも参加!
全日本最終戦のJP250クラスで優勝した車両CBR250RRも展示させて頂きました。

ヘルメットもたくさんメンテナンスさせて頂き午前中は大忙し!

こちらは12月3日筑波サーキットで開催された「第三回事実上日本一決定戦」でアドレスV125で
見事優勝して「事実上日本一」になった民谷選手!

「第三回事実上日本一決定戦」表彰式の様子!
民谷選手、そのままの勢いで西日本モトチャンプ杯最終戦に参上です。


































FP4STクラス予選!
久しぶりのシグナスXで少し苦戦してクリッドは4番手!
トップとのタイム差は殆ど無いので民谷選手の実力なら問題無いポジションです。

全国大会では2位となりさらに速さに磨きがかかっている木戸選手!
クリッドは7番手!
こちらもトップとのタイム差は殆ど無いので展開次第では十分、結果が望めます。

FP4STクラス決勝!
民谷選手、木戸選手!両選手ともスタートを上手く決め順位を上げます。

民谷選手はトップの背後に付き優勝に向けて万全な体制に!
木戸選手も4位に付け上々の展開!

しかし万全と思われた民谷選手4周目最終コーナーで原因不明のまさかの転倒!
マシンの破損が激しくリタイヤとなりました。
上位の転倒により木戸選手が一時2位を走行!
終盤、3位走行中に他車と接触して転倒!
すぐに再スターし最後は8位でチェッカー!

年間シリーズの表彰式!
木戸選手が2位の表彰台に立っていますが、実は長谷部選手の代役!
長谷部選手、第2戦と全国大会を優勝してランキング2位となりました。

12月17日レースをもって今年の全レース終了となりますが、同じ17日、マカオでもレースがあり
長谷部選手は今年も遠い海外レースに出場していました。
レースの模様は引き続き直ぐに更新させて頂きます。
それでは、よろしくお願い致します。

お世話になります。イツクマンです。
12月2、3日とアジアロードレース選手権最終戦がタイのチャーンインターナショナルサーキットで開催されました。

南本選手、今シーズンの最後のレース!
ヤマハ勢にとって厳しい戦いとなるAP250クラス!

木曜日から始まったフリープラクティスでは走り出した途端にエンジントラブルにより走行中断!
2本目へ向けて修復に取り掛かりましたが間に合わすことが出来ず初日は走行できずに終了!

AP250クラス予選!
2日目は最後のフリーと予選ということで、予選へ向けて1本のみの走行となってしまいましたが、
マシンも復活して予選では上手くスリップを使うこともでき9番グリッド獲得!

AP250クラス決勝レース1
レース1決勝へ向けてさらにマシンのセットアップを試みましたが少しセットを外して苦しいレース展開!

序盤からズルズルと後退して最後は14位でチェッカーとなりました。

AP250クラス決勝レース2
レース1での問題点をまとめ、レース2直前のウォームアップ走行でセッティングを変えて走行!
良い方向へ進んだこともあり、レース2は気合十分でスタート!
スタートは上手く決まり3位集団で走行しますが、路面温度が想像以上の上昇により
リヤのサスペンションの弱さが発生!
なかなか攻めることが出来ず、中盤以降はズルズルと後退して最後は15位チェッカーとなりました。

最終的なアジアロードレース選手権のランキングはノーポイントレースや欠場レースなどもあり、
17位という結果でシーズンを終えました。
当初の目標とは遠い結果となってしまいましたが無事全てのレースを終える事ができ良かったです。
毎年応援していますが、今年は南本選手にとって結果以上に得る事がたくさんあって着実に成長した
1年だったと思いした。これからの成長、活躍に期待したいです。
引き続き応援よろしくお願い致します。
南本選手、レースを終え帰国後は来シーズンに向けトレーニング開始しています。
2018シーズン予定はある程度決まっている様ですがはっきりと決定しましたらまた報告させて頂きます。