「がんばろう東北 がんばろうみんな」プロジェクトはこちらから。
WirusWin(ウイルズウィン)は「がんばろう東北 がんばろうみんな」プロジェクトに賛同しています。

Wirus Winフェイスブックページはこちらから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

WirusWin Race Report:ウイルズウィンのレース活動の様子を写真を交えたレポートでご紹介。

こちらのコーナーではモト・チャンプ杯ミニバイクレースのFP4クラスに、シグナスXおよびアドレスV125で参戦し、上位を目指し活動していく流れを報告していきます。
また、鈴鹿ミニモト、鈴鹿ツインサーキット、モト・チャンプ杯ミニバイクで開催されている、エイプ100、XR100モタードで競うSTクラスにも、エイプ100にオリジナルマフラーを開発、装着して参戦。
今後、このレポートをきっかけにレースに興味を持って頂き、参戦してくれる仲間が増えてミニバイクレースが盛り上がればと願います。

一人では心細い方、まったく分からない方、ウイルズウィンが協力させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

No.046:2012モト・チャンプ杯ミニバイクレース関西シリーズ第1戦〜第3戦

2012年4月8日に名阪スポーツランドABコースで開催された、モトチャンプ杯2012シーズン開幕第1戦。
FP4-STクラスにイケメンライダー長谷部選手、木戸選手が出場しました。

長谷部選手はキムコ レーシング125、木戸選手はヤマハ シグナスXで出場。

予選は長谷部選手が独走でポールポジション獲得!木戸選手は中盤争いのまま6位。

決勝は長谷部選手がいつものロケットスタートでホールショット!途中2位に後退するが最終ラップきっちり挿し返し見事開幕戦優勝!ポールtoウィン!
長谷部選手「ゼッケン1」昨シーズンシリーズチャンピオンらしい貫禄ある走りでした。

木戸選手はスタートが上手く決まり単独4位を走行するも転倒。再スタートして7位フィニッシュでした。

2012年6月10日に名阪スポーツランドEコースで開催された、モトチャンプ杯第2戦。
FP4-STクラスにイケメンライダー長谷部選手、木戸選手、松キング選手が出場しました。

長谷部選手はキムコ レーシング125、木戸選手はヤマハ シグナスX、松キング選手はヤマハ シグナスXで出場。

予選は長谷部選手が2位、木戸選手は中盤争いのまま5位、松キング選手はセッティングが合わず12位でした。

決勝は長谷部選手がいつものロケットスタートでホールショット奪うも序盤で2位に後退。最終ラップ手前までピッタリとトップの背後に張り付くも、最終ラップ僅かにミスをしてしまい惜しくもそのまま2位でフィニッシュ。
今回はタイヤチョイスも悪く厳しいレースとなりました。

木戸選手はスタートが上手く決まり単独4位を走行するも転倒。再スタートして11位フィニッシュでした。

松キング選手は粘り強い走りで予選より順位を3つ上げて9位フィニッシュしました。

2012年7月8日に名阪スポーツランドEコースで開催された、モトチャンプ杯第3戦。
FP4-STクラスにイケメンライダー長谷部選手、松キング選手が出場、走り屋クラスに松キング選手が出場しました。

長谷部選手はキムコ レーシング125、松キング選手はFP4-STクラスにヤマハ シグナスXで、走り屋クラスにタイガー社のZ3ー125RSで出場。
今回、バイクショップロミオさんとのコラボ企画でタイのタイガー社のZ3ー125RSで出場する事になりました。

予選はFP4-STで長谷部選手がポールポジション獲得!松キング選手は本人も驚きの4位と好位置に付けました。

走り屋クラスの松キング選手はまだ乗り慣れていないようで4位でした。

決勝はFP4-STで長谷部選手がいつものロケットスタートでホールショット!途中、何度か順位を入れ替え最終ラップに1つ目のヘアピンで強引にねじ込みそのまま1位でポールtoウィン!
今回は前戦の雪辱とばかりに何とか優勝できました。これでポイントランキング単独トップです。

松キング選手は決勝はスタート失敗・・・展開もダメダメで転倒もあり9位フィニッシュでした。

走り屋クラスの松キング選手は残念な転倒もあり良いとこ無しで4位フィニッシュでした。

次のレポート 次のレポート  |  前のレポート 前のレポート