カテゴリー:ニュース

お世話になります。イツクマンです。
12月17日、西日本モトチャンプ杯最終戦と同じ日、マカオで開催されたレースにWirusWinライダー長谷部選手が出場しましたので紹介させて頂きます。

長谷部選手、金曜日のナイター枠の練習に合わせてマカオ入り。
DY社長の劉家昌さんとHAO選手に合流!

去年の優勝のご褒美?それとも今回も期待されているのか?
用意された宿泊施設は高級ホテルの最上階スイート!景色も最高!

プレッシャーを感じながらも慣れないポーズでソファーでゆっくり!
違和感しか無いですね!笑!


































マカオAAMCレースが開催されるサーキット!
去年より建物が増えてサーキットに接近してきています。
来年辺りは本当にマンションの真下で走る事になりそうです。

通常はもう少し暖かいはずですがこの日は以外と寒く気温は10度!
長谷部選手も寒そうです。

予選!
チームメイトはHAO選手は絶好調でトップタイムでポールポジション!
長谷部選手は僅かに遅れて2位!


































フロントサスペンションのセッティングが合わず決勝前の悪足掻きで
ぶっつけセッティングに変更!


































決勝レース1
スタートは無難に決めますが、悩まされていた足回りは改善されないままのレース!
何度か仕掛けますが、トップ争いに加われず3位でチェッカー!
決勝レース2
フロントをリアで抑え込む最終手段のセッティングで挑みます。
最終ラップまでトップ争いをしますが、ネガな部分を残したままではさすがに敵わずコンマ6秒差で
2位でチェッカー!

チームメイトのHAO選手はレース1を2位とレース2を3位で終えました。

表彰式!
今回は総合で2位!HAO選手は3位!
長谷部選手!予選、決勝共に完勝した昨年とは違い今年は最後までサスペンションのセッティングに
悩まされたレースとなりました。

今年も劉家昌さんのお誘いで台湾、マカオとレース参戦する事ができました。
長谷部選手には来年もまたチャンスがあれば是非、チャレンジしてほしいです。

これで今年のレースが全て無事終了しました。
今年も民谷選手の優勝から始まり全国大会ワンツー、全日本優勝とそれなりに手応があった1年でした。
来年も期待に応えれるようがんばります。
たくさんのご協力がありました。心より感謝申し上げます。
またライダーの活躍紹介させて頂きます。
今後とも応援よろしくお願い致します。

お世話になります。イツクマンです。

12月17日、スポーツランド生駒で西日本モトチャンプ杯最終戦が開催されました。
WirusWinライダーの民谷選手、木戸選手が出場しましたので紹介させて頂きます。


































当日はヘルメットメンテナンスで中山、クミティ、私イツクマンも参加!
全日本最終戦のJP250クラスで優勝した車両CBR250RRも展示させて頂きました。

ヘルメットもたくさんメンテナンスさせて頂き午前中は大忙し!

こちらは12月3日筑波サーキットで開催された「第三回事実上日本一決定戦」でアドレスV125で
見事優勝して「事実上日本一」になった民谷選手!

「第三回事実上日本一決定戦」表彰式の様子!
民谷選手、そのままの勢いで西日本モトチャンプ杯最終戦に参上です。


































FP4STクラス予選!
久しぶりのシグナスXで少し苦戦してクリッドは4番手!
トップとのタイム差は殆ど無いので民谷選手の実力なら問題無いポジションです。

全国大会では2位となりさらに速さに磨きがかかっている木戸選手!
クリッドは7番手!
こちらもトップとのタイム差は殆ど無いので展開次第では十分、結果が望めます。

FP4STクラス決勝!
民谷選手、木戸選手!両選手ともスタートを上手く決め順位を上げます。

民谷選手はトップの背後に付き優勝に向けて万全な体制に!
木戸選手も4位に付け上々の展開!

しかし万全と思われた民谷選手4周目最終コーナーで原因不明のまさかの転倒!
マシンの破損が激しくリタイヤとなりました。
上位の転倒により木戸選手が一時2位を走行!
終盤、3位走行中に他車と接触して転倒!
すぐに再スターし最後は8位でチェッカー!

年間シリーズの表彰式!
木戸選手が2位の表彰台に立っていますが、実は長谷部選手の代役!
長谷部選手、第2戦と全国大会を優勝してランキング2位となりました。

12月17日レースをもって今年の全レース終了となりますが、同じ17日、マカオでもレースがあり
長谷部選手は今年も遠い海外レースに出場していました。
レースの模様は引き続き直ぐに更新させて頂きます。
それでは、よろしくお願い致します。

お世話になります。イツクマンです。
12月2、3日とアジアロードレース選手権最終戦がタイのチャーンインターナショナルサーキットで開催されました。

南本選手、今シーズンの最後のレース!
ヤマハ勢にとって厳しい戦いとなるAP250クラス!

木曜日から始まったフリープラクティスでは走り出した途端にエンジントラブルにより走行中断!
2本目へ向けて修復に取り掛かりましたが間に合わすことが出来ず初日は走行できずに終了!

AP250クラス予選!
2日目は最後のフリーと予選ということで、予選へ向けて1本のみの走行となってしまいましたが、
マシンも復活して予選では上手くスリップを使うこともでき9番グリッド獲得!

AP250クラス決勝レース1
レース1決勝へ向けてさらにマシンのセットアップを試みましたが少しセットを外して苦しいレース展開!

序盤からズルズルと後退して最後は14位でチェッカーとなりました。

AP250クラス決勝レース2
レース1での問題点をまとめ、レース2直前のウォームアップ走行でセッティングを変えて走行!
良い方向へ進んだこともあり、レース2は気合十分でスタート!
スタートは上手く決まり3位集団で走行しますが、路面温度が想像以上の上昇により
リヤのサスペンションの弱さが発生!
なかなか攻めることが出来ず、中盤以降はズルズルと後退して最後は15位チェッカーとなりました。

最終的なアジアロードレース選手権のランキングはノーポイントレースや欠場レースなどもあり、
17位という結果でシーズンを終えました。
当初の目標とは遠い結果となってしまいましたが無事全てのレースを終える事ができ良かったです。
毎年応援していますが、今年は南本選手にとって結果以上に得る事がたくさんあって着実に成長した
1年だったと思いした。これからの成長、活躍に期待したいです。
引き続き応援よろしくお願い致します。
南本選手、レースを終え帰国後は来シーズンに向けトレーニング開始しています。
2018シーズン予定はある程度決まっている様ですがはっきりと決定しましたらまた報告させて頂きます。

お世話になります。イツクマンです。
11月26日、鈴鹿サンデーロードレース最終戦が開催されました。
サポートライダーの成田選手がJP250クラスに出場しましたので紹介させて頂きます。

成田選手、今年最後の締めくくりとなるレース!

JP250クラス予選!
全日本でポールポジションを獲った成田選手にとって今回の地方戦ではポールポジションは絶対で
どれ程、速いタイムを出すか注目が集まっていました。
1周目からプッシュしていき、最初の計測で2分30秒0とこの時点でポールポジションほぼ確定の好タイム!
さらに2周目で2分29秒8を出しコースレコードをさらに更新します。
3周目、全日本の時を上回るタイムで各セッションを通過します。
しかし最終シケインの切り返しでフロントが取られてしまいそのままスリップダウン!
予選はそのまま終了となりましたが2位と2,4秒差でポールポジション獲得!

JP250クラス決勝!
8周のレースがスタート!
無難にホールショットを決め、1周目から2位以下を引き離しにかかります。
オープニングラップを終えた時点で2位とは2,4秒差を付け後は成田選手の一人旅です。

後半に入りさらにペースアップ!
前日の転倒を払拭する走りで2分30秒辺りまでタイムを上げます。

最後は自分の走りを確認する余裕を見せ!
2位と13秒差で独走優勝!
見事、今年最後のレースをポールtoウィンで締めくくってくれました。

いつも成田選手を影で支えるお父さん、お母さん!
レースの時はお父さんがメカニックでお母さんがサポートに回ってチームワークはピカイチ!



































成田選手、まだ来期の予定は決まっていませんが、着々と準備を進めています。
また来年も飛躍してくれる事を期待します。
引き続き応援よろしくお願い致します。

お世話になります。イツクマンです。
11月4日、11月5日、鈴鹿サーキットで開催された全日本ロードレース選手権第最終戦に
南本選手がST600クラスに出場しましたので紹介させて頂きます。

鈴鹿は南本選手にとって全日本のサーキットの中で一番好きで、走り込んでいるサーキット!
普段よりリラックスした気持ちでウィークに入ります。

今大会は事前テストが無い為、ウィークが1日長く、フリー走行が2日間行われました。
2日間のフリー走行で予選決勝へ向けて、やるべきことをしっかりと計画して、セットアップしていきます。
初日はリヤサスのバネレートを変更して走りが良い方向へ進んでいきました。
2日目は、フロントのバネレートの変更と、ライディングの改善を試し、どちらも良い方向へ進み、
タイムこそは14秒半ばでしたが、フリー走行総合4番手タイム!

ST600クラス予選!
予選はフロントローを目標に1人でアタック、ピットオープンとともにコースインして1発でタイムを出す
予定でしたが、雨が降り出したのでペースを落とさざるを得ません。
赤旗が掲示され一時中断となりましたが、この時点ではトップタイプで1位!
このまま雨が降ってくれればと思いましたが一瞬にして雨雲は過ぎ去り、直ぐにセッショ ンは再開され各ライダーがタイムを更新していきます。
最後のアタックラップではフロントローに並べるタイムで走行していましたが最終セクターでミスがあり大幅にタイムを落としてしまいます。
最後は7番手となりました。

ST600クラス決勝!
2番手から7番手でのタイム差は殆ど無く決勝ではトップグループに喰らいつく作戦!

スタートはクラッチミートこそは決まったのですが、焦りが出てしまってフロントを浮かせてしまい順位を上げることが出来ずに1コーナーへ!
7位てオープニングを終え2 周目は猛プッシュして5位に順位を上げトップグループに喰らいつきます。


































中盤からはタイヤの消耗が激しくペースダウン!
じわじわと離されていき2台での5番手争いとなります。
最後は順位を死守して5位でチェッカー!
ベストリザルトで、全日本ST600クラスでは初の入賞となりました。
ランキングは9位となり何とか1ケタランキングで全日本を終了!

南本選手!次戦はアジア選手権最終戦、タイでのレースです。
今年最後のレース!しっかりがんばって頂きましょう!

それでは、また報告させて頂きます!