カテゴリー:ニュース

お世話になります。イツクマンです。

11月29日(日)岡山県・岡山国際サーキットにて岡山ロードレースシリーズ最終戦が開催されました。
Team HIROからライダーが出場しましたの紹介します。
桐石瑠加選手、松田基成選手がJ-GP3クラスに参戦!
桐石世奈選手がJP250クラスに参戦!

レースウィークは気温こそ低かったものの終始天候に恵まれ、例年の最終戦に比べるとやや暖かくも感じさせる気候となりました。
久しぶりの岡山国際サーキットでの走行ということで、金曜日と土曜日のフリー走行では各ライダー、感覚を取り戻しながら、コース攻略とマシンのセットアップを進めます。

ウィークを進める中、松田基成選手が金曜日に転倒を喫し左肩を負傷!
身体の状況確認の為の走行しましたが最低限の操作コントロールが十分にできないことから日曜日の予選と決勝への出走は断念する形をとりました。

J-GP3クラス予選!
ウィークを通して一番の冷え込みとなり、気温,路面温度ともに一桁台という厳しい寒さの中10分間の予選が行われました。
桐石瑠加選手は周回毎にベストタイムを更新し前戦で自身が記録したコースレコードを上回る1分45秒664を記録するも、
+0.281秒差でライバルに及ばず、予選は2番手!

JP250クラス予選!
セッション序盤は各選手コンディションを確かめながらの走行!
中盤以降にタイムアタックを開始し、桐石世奈選手は周回毎にタイムを詰め2番手に-0.617秒差をつけ
最終戦にして自身初となる総合ポールポジションを獲得!

J-GP3クラス決勝!
10周回で行われた決勝レースはフロントロー2番手グリッドから好スタートを切ります。
序盤から予選タイムを上回るペースで周回を重ねるものの2番手を走る選手も桐石瑠加選手の背後にピタリとつけます。
レース終盤は抜きつ抜かれつの一騎打ちの戦いとなり、最終ラップのチェッカーラインまで互いにトップを譲ることなく激しい攻防戦!
最後は両選手がほぼ同着でチェッカーを受けた為に写真判定にまで持ち込まれました。
最終的に桐石瑠加選手は+0.012秒差という僅差で競り負け最終戦は2位でのゴールとなりました。

JP250クラス決勝!
シリーズチャンピオンの可能性も残して迎えた最終戦の決勝!
自身初となるフロントローのポールポジションから8周の決勝スタートです。

スタートをうまく決めホールショットを奪います。
レースは序盤から抜きつ抜かれつの激しい攻防戦が繰り広げられ、抜かれたら抜き返し、
チャンスがあれば積極的にトップに出るレース展開を見せます。
最終ラップまで続いたトップ争いですが最後は3位でチェッカーを受ける形となりました。

J-GP3クラス表彰式!
最終戦を優勝で飾ることができず本人的には悔しいレースとなりました。
しかしそのレース内容からは一年間の成長を十分に感じさせるレース内容となりました。
桐石瑠加選手は今季2勝を挙げ全レースで表彰台を獲得し、念願のシリーズチャンピオンを獲得!
チームとしてもチーム結成以来J-GP3クラスでは初となるシリーズチャンピオンを獲得!


































JP250クラス表彰式!
予選や決勝での仕上がりを見ると十分に勝てるチャンスもあったレースですが、悔しい3位表彰台となりました。
ですが前戦からの課題もしっかりと克服でき、一年間の成長を感じれるレース内容となりました。
桐石世奈選手は今季出場の全レースで表彰台を獲得する活躍でシリーズランキング2位でシーズンを締めくくることができました。


































2020年も桐石美人姉妹の活躍が際立った年となりました。

今年はしっかり結果に結びつき尾野監督も満足げ!
尾野監督、一年間お疲れ様でした。

今回のレースで1年間の全レーススケジュールが終了となりました。
Team HIROは2021年度も引き続き活動します。また応援、よろしくお願い致します。

お世話になります。イツクマンです。

11月21.22日、鈴鹿サンデーロードレース最終戦・NGK杯が開催されました。
Team HIROから3名のライダーが出場しましたの紹介します。

J-GP3クラスに桐石瑠加選手 #17
J-GP3クラスに松田基成選手 #76

JP250クラスに桐石世奈選手 #17

J-GP3クラス予選!
土曜日に行われた予選は非常に強い風が吹く厳しいセッションとなりました。
桐石瑠加選手はうまくポジション取りができなかったことに加えて、風の影響で思うようにタイムアタックができないままセッションを終える形となりました。

松田基成選手はセッション序盤からペースが上がらず、予選も残り僅かとなったところでタイムが上がりはじめましたが下位に沈む結果となりました。

JP250クラス予選!
セッション序盤にうまくスリップを利用し2番手タイムを記録!
その後もタイムアップに向けて何度もタイムアタックを試みますが、強風の難しいコンディションに苦戦しタイムを伸ばすことができずに予選は総合5番手、国内クラス4番手で予選を終えました。

J-GP3クラス決勝!
桐石瑠加選手
6列目17番手グリッドからスタート!

松田基成選手
24番手グリッドからスタート!

スタートを上手く決めた桐石瑠加選手はオープニングラップに13番手まで一気に浮上!
その後は自己ベストタイムを何度も記録しながら追い上げるレース展開となりました。
レースは総合10位, 国内クラスでは5位入賞で最終戦を終えました。
シリーズランキングは最終戦で逆転し3位に浮上!
良い結果で鈴鹿サンデーシリーズを締めくくることができました。

松田基成選手も決勝中に自己ベストタイムを大幅に更新し予選順位よりも前でゴールすることができました
結果は総合20位 / 国内11位。

JP250クラス決勝!
2列目5番手グリッドからスタートした桐石世奈選手はレース序盤から自己ベストタイムを上回るペースでトップグループに食い込みます。
6台によるトップ争いが最終ラップまで続く展開!
一時は総合2番手まで浮上した決勝レースでしたが最終的には総合5位でチャッカー!
国内クラス3位でレースを終えました。
総合優勝も狙える位置だっただけに悔しいレースとなりましたが、決勝レース中に自己ベストタイムを大幅に更新できたことと、強いライバル達と最後まで戦えたことは収穫の多い最終戦となりました。

JP250クラス表彰!
桐石世奈選手は鈴鹿サンデーレースでは全レースで表彰台を獲得!
鈴鹿サンデーシリーズのランキングも2位で締めくくることができました。

鈴鹿サンデーシリーズは無事にシーズンを終えました。
次戦は岡山ロードレースシリーズ最終戦です。
Team HIROの桐石世奈選手、桐石瑠加選手、松田基成選手が出場します。
また報告させて頂きます。
引き続き応援、宜しくお願い致します。

お世話になります。イツクマンです。

11月15日、筑波サーキットで開催された第6回事実上「FN4日本一決定戦」にWirusWinライダー民谷選手が
出場しましたので紹介させて頂きます。

近畿スポーツランドのシリーズ戦でも連勝でチャンピオンを決め、絶好調の民谷選手!
2020年、あのWirusWinライダー長谷部選手が唯一、勝てなかった男、民谷選手です。

予選から好調そのままにコースレコード更新してのポールポジション獲得!
タイムを見ても一人頭抜けている感じです。


































決勝はスタートで少し出遅れますが、直ぐにトップ争いに加わります。
レースは終始、前大会覇者のともそ選手との一騎打ちとなりました。
ともそ選手、前大会では民谷選手、長谷部選手を押さえ切って優勝した強者です。
抜きつ抜かれつのギリギリの攻防は最終ラップまで続きますが、民谷選手が見事優勝!
2年ぶりに事実上FN4日本一となりました。

どちらが勝つか最後まで分からないレースでした。
健闘を称え合うともそ選手と民谷選手!


































歴代の選手の名前が掲げられている優勝カップ!
1回覇者、安田選手
2回覇者、矢部選手
3回覇者、民谷選手
4回覇者、長谷部選手
5回覇者、ともそ選手
そして今回の6回覇者は民谷選手!



































今年の民谷選手はFN4クラスで負け無しでした。
内容も素晴らしく世界の長谷部選手を破ってチャンピオン!
前回覇者、ともそ選手選手を破って日本一!
と簡単なレースは一つもありませんでしたが全て民谷選手の強さが光るレースでした。
来年は誰も成し遂げていない事実上「FN4日本一決定戦」連覇を達成してほしいです。

レースの模様はこちらで観覧できます。

お世話になります。イツクマンです。

11月7日(土)〜8日(日)、埼玉県のサーキット秋ヶ瀬で2020年モトチャンプ杯 全国大会が開催されました。
WirusWinライダー、長谷部選手、木戸選手が出場しましたので紹介させて頂きます。

今回も2019年に続き3クラスにエントリーの長谷部選手!
FP4-50クラス(ヤマハ ビーノ)、FP4-STクラス(ヤマハ シフナスX)、OPENクラス(ヤマハ シフナスX)に出場!
去年獲れなかったトリプルウィンを目指します。
木戸選手はFP4-STクラス(キムコ RACING125Fi)に出場!

各予選!
長谷部選手、3クラス共にトップタイムで通過しますが、
全国大会はスペシャルステージが設けられそこでの一発タイム勝負でFP4-50クラスが2位となり
グリッドはFP4-50クラスが2番手、FP4-STクラスがポールポジション、OPENクラスがポールポジションとなりました。
木戸選手はFP4-STクラス、4番手!

FP4-50クラス決勝!
1クラス目の決勝はFP4-50クラスです。

気合十分でスタートして快調にトップを走行しますが、徐々に2位に詰めれてきます。
最終ラップ、最終コーナーの勝負所で上手くクロスラインで交わす為、ラインを変えますが、
まさかの2位のライダーが転倒!
クロスで決めて見事優勝のはずが、逆にクロスカウンターを喰らうはめに、
転倒したバイクに乗り上げる様に長谷部も激しくクラッシュ!
コース外まで飛ばされそのままリタイヤとなってしまいました。

FP4-STクラス決勝!
FP4-50クラス決勝の転倒で肩を負傷した長谷部選手、棄権も考えましたが
ダメ元で何とかスタート、痛みに苦しみながらもトップをキープして見事、優勝!
木戸選手は4位を順調に走行しますが、終盤に抜かれ5位に後退、
4位争いの接戦となりますが、そのまま5位でフィニッシュ!

OPENクラス決勝!
こちらも痛みに悶絶しながらの走行となりましたが、長谷部選手が製作した
圧倒的に速いバイクの助けもあり独走で優勝!

FP4-STクラス表彰式!
この時、肩の状態はさらに悪化し、痛々しいです。

OPENクラス表彰式!
こちらも痛々しく、勝者の面影はありません。

長谷部選手、レース終了後、自走で大阪まで帰宅!
次の日、目が覚めると肩、腕が全く動かせない状態!
病院に行って診察してもらった結果、骨折と診断されました。
今年のレースは強制終了となり今も何もできないので自宅で静かにしている様です。
来年こそは3度目の正直でトリプルウィン、お願いします。

こちらで2020年モトチャンプ杯 全国大会、全クラスの決勝レースが観覧できます。
https://youtu.be/C0A3GBtC0NE

お世話になります。イツクマンです。

10月31日(土)三重県・鈴鹿サーキットにて2020MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦と
併催で開催されました。
MFJカップロードレース選手権JP250最終戦にTeam HIROから桐石世奈選手が出場しましたの紹介します。

レースウィークは天候に恵まれ終始ドライコンディションでのセッションとなりました。
初日の練習走行から好調で総合4番手,国内クラスではトップタイムで初日の走行を終えます。
桐石世奈選手、全日本選手権初参戦ながらも初日から存在感を十分にアピールします。

2日目は更なるタイムアップを期待しましたが午前中のセッション終了間際の最終シケインにて大転倒を喫し、マシン、身体共に大きなダメージを負ってしまいます。
直ぐに救急車でメディカルセンターへと運ばれ、今大会を欠場せざるを得ない状況にもなりましたが、本人の強い意思により厳しいレースになることを覚悟の上で出走を決めました。

JP250クラス予選!
予選は主に車両や身体の確認を重要視したセッションとなりました。
十分なタイムアタックはできませんでしたが決勝は4列目12番手グリッド!

スタートから予想通り苦しいレース展開の中でレースとなりました。

終盤には身体の痛みが限界に達していたことからチェッカーまで走り続けることで精一杯だった桐石世奈選手!
そんな状態でも国内クラス6位入賞のポジションは死守しチェッカーを受けました。

桐石世奈選手、本来のライディングができず初日の転倒がとても悔やまれるレースとなりましたが、
最後まで諦めずに現状での全力を出し切ったのはライダーとして立派だったと思います。

桐石世奈選手は、まだ今シーズン残り2レースを控えています。
まずは身体を回復させ、良い形でシーズンを締めくくれ事を願います。
引き続き応援をよろしくお願い致します。